ケロイド体質 ワキ脱毛

MENU

ケロイド体質でサロンでワキ脱毛できるか?

脇毛の量を減らすと、半そでから脇毛がはみ出しませんし、ノースリーブのファッションも楽しめるので、夏ならでは着こなしを楽しむことができますし、脇が蒸れなくなることで雑菌が増えにくくなり、衛生的に過ごせるようになります。
脱毛サロンの中でも依頼する人が多いワキ脱毛ですが、ケロイド体質の人は脱毛することができるのでしょうか。残念ながら、脱毛サロンでは安全性を考えて施術を断るケースがほとんどです。ケロイド体質の人がワキ脱毛をしようとすると、脱毛機のライトから出る光のエネルギーに肌が反応してしまい、皮膚がピンク色に変色することがあります。人によっては、肌に吹き出物が出来てしまったり、ケロイドができるレイもあるようです。

 

脱毛サロンでは、施術前に希望の脱毛部位と肌状態の確認などを行います。この時、必ずケロイド体質なのか尋ねられるのは、それだけ光との相性が良くないからです。脱毛をしても、肌に深刻なトラブルがあっては元も子もありません。本人のためを思って施術を断っているので、逆にケロイド体質でも問題なく応じてくれるところは、脱毛する人のことを第一に考えてないので注意しましょう。光を用いないワックスやニードル脱毛であっても、ケロイド体質だとワキの手入れはできません。

 

それでは、ケロイド体質の人は脱毛を諦めなくてはいけないのでしょうか。医療機関が関わっているメディカルエステや、クリニックの医療脱毛なら施術可能な可能性があります。医療機関なら幅広い皮膚の症状にも対応できますし、もし何かあってもすぐに治療に移行できます。通常のワキ脱毛よりも、料金はどうしても高くなってしまいますが、ケロイド体質を考慮しながら施術をしてくれるので、安全性も高いんですよ。ケロイドにレーザーが当たらないようにテーピングで保護したり、ケロイドの治療を同時進行で行ってくれます。ケロイドの扱いに関しては、そのクリニックの方針で異なります。