妊娠中 ワキ脱毛

MENU

妊娠中でもワキ脱毛は受けられるのかどうか?

ノースリーブなどの肩や腕を出す季節となってくると、わき毛が気になってきますが妊娠中でもワキ脱毛を受けることが出来るのか気になるところです。産後は赤ちゃんのお世話に追われる毎日となるので、妊娠中の時間のある時に少しでもワキ脱毛をしておいて脇を露出する時期にはつるつるにしておきたいと、今からワキ脱毛を考える妊婦さんも多いことでしょう。

 

しかし、残念ながら妊娠中にはワキ脱毛の施術は受けられないとされているのですが、その理由について考えてみましょう。基本的に脱毛サロンの脱毛器は安全性が高く脱毛サロンでの光脱毛器の施術を受けたことで直接おなかの赤ちゃんや母体に影響するようなことはないとされていますが、なぜ妊娠中は施術が出来ないのでしょうか。

 

その理由としては、妊娠中のホルモンバランスの影響が考えられます。妊娠中は、妊娠を維持するために女性ホルモンが大量に分泌されておりまたホルモンバランスを崩しやすい時期とされています。実は体毛の成長というのはホルモンバランスの影響を非常に受けやすくしっかりと脱毛をしても脱毛効果が得られずにまた毛が生えてくる可能性があるために、施術を受けたこと自体が無駄となってしまう可能性があります。

 

加えて、ホルモンバランスは肌状態にも影響することがあり普段よりも敏感になるとされています。妊娠していないときは施術をしても特に問題なかったとしても、妊娠中だと同じ施術を受けても肌トラブルに発展する可能性も高くなるとされてます。また、人によっては脱毛の刺激によっておなかの赤ちゃんに影響して流産や早産の危険性もあるとされていますので、そういったリスクを踏まえた上でも妊娠中のワキ脱毛は避けた方が良いと言えるでしょう。つまり、妊娠しているときにワキ脱毛をしても脱毛効果が得られないことがあり、また刺激によって様々なリスクもあるとされていますので、ワキ脱毛をするのであれば産後に施術を受けるようにするのが望ましいと言えるでしょう。